製品・ソリューション紹介
株式会社ハイテックストップページ

設備稼働監視システム

設備稼働監視システム(Factory-V)概要

各工場で稼動している生産設備の稼動状況と生産状況をリアルタイムで収集して、設備の故障や作業の遅れ、段取り時間、生産実績などが一目で分かるように、モニターに表示することで、遠隔地の工場の状況も把握でき、生産効率アップや生産設備の維持管理にも役立ちます。

設備稼働監視システム(Factory-V)概要

製品の特色

1、リアルタイムに情報を収集

生産設備のPLCメモリーを監視することでリアルタイムで設備の稼動状況を監視、収集します。

2、生産設備の異常を早期発見

各工場で稼動している生産設備の状況をリアルタイム収集することで、設備の異常に対して早急な対応が取れます。異常時にはあんどん表示や担当者へ異常通知メールを発信することもできます。

3、生産状況の把握も可能

対象設備で、計画に対して実績や進度も明確に表示されランク順に表示することも可能です。

4、どこでも監視ができる。

社内ネットワークが繋がっていれば本社オフィス、工場事務所、各拠点の工場や営業所でもブラウザーで閲覧することが可能です。

主な機能

主な機能

1、稼動状況表示設定機能

  • どの工場のどの工程にある設備を表示するかを画面から選択できます
  • 表示内容の更新時間の選択が可能
  • 警告や異常判定値の設定が可能

2、稼動状況モニターメンテナンス

対象設備の稼働状況と生産状況の表示有無を設定します

3、各種データ集計機能

各設備から集めた稼働実績、生産実績、生産計画をもとに、稼動状況モニターで表示する値を集計します。

4、現場のモニター監視

カメラを設置することで、現場の設備周りを監視することもできます。

導入効果

  • 現場に行かなくても設備の稼動状況が分かるため担当者の負担が減少
  • 全工場の稼動状況をモニタリングできるため経営層の方も状況が把握できる
  • 異常通知によって、故障時にすばやい対応ができるため生産性向上にも繋がる

関連サービス

製品トレーサビリティシステム

現場の情報をリアルタイム収集して問題の見える化実現

お電話・メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

052-203-9777

052-203-9777

受付時間:平日 8:30~17:30

フォームによるお問い合わせ
資料請求のお問い合わせ

ページトップへページトップへ