ニーズ・悩みから探す
株式会社ハイテックストップページ

設備の異常を早期発見したい

生産現場には至る所に生産設備があり、工場が広ければ広いほど設備管理や稼働状況を把握するために現場に駆けつけることが必要で、異常時など早期に発見できないことがあります。サイレンやブザー、あんどんなどで異常を知らせることもできますが、事務所の管理担当者が認知するには時間がかかってしまうこともあります。

設備の異常を早期発見
<設備担当の課題>
  • 設備が故障すると生産性が落ちてしまう
  • 故障すると直すのに時間がかかってしまう
  • 異常をすぐに把握できない
  • チョコ停監視ができない

設備の稼動状況を把握するには

設備からの信号をPLCより収集して、異常情報や生産実績を収集し、現場、事務所から設備の稼動状況や生産実績がリアルタイムに分かるようにする。
また、設備異常時には、ブザーやサイレン、あんどんなどに異常を知らせると同時に、担当者にアラートメールが送信されるようにする。

設備の稼動状況を把握
<設備状況見える化のメリット>
  • 事務所にいながら設備の状況が把握できる
  • 設備の状態がつかめるため異常を予測できる
  • 稼動状況と生産進捗が同時に分かる
  • 異常時は早急な対応がとれる

ハイテックスではこう解決します

弊社製品:Factory-V

弊社製品:Factory-V

生産設備のPLCと連携してリアルタイムに設備状況の情報を収集します。
収集した設備の情報は一元化して、国内・海外の生産拠点の設備の状況を大型モニターで表示して生産に関わるすべての人がわかるようにします。
生産設備を監視するモニターを設置することで、異常時の様子が分かり的確な指示を与えることができます。

導入効果

  • 現場に行かなくても設備の稼動状況が分かるため担当者の負担が減少
  • 全工場の稼動状況をモニタリングできるため経営層の方も状況が把握できる
  • 異常通知によって、故障時にすばやい対応ができるため異常ロスが少なくなる

お電話・メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

052-203-9777

052-203-9777

受付時間:平日 8:30~17:30

フォームによるお問い合わせ
資料請求のお問い合わせ

ページトップへページトップへ