ニーズ・悩みから探す
株式会社ハイテックストップページ

受発注業務を効率化したい

注文書などFAXや紙ベースの手書伝票でやり取りしていると、紛失や遅延によりスムーズに業務が回らないことがあります。また、お客様からの問い合わせに対してもレスポンスが悪く即回答することができない悩みも数多くあります。伝票も記入ミスや入力間違いなど人が作業する場合、必ずミスが発生してしまいます。

受発注業務を効率化
<受発注業務の課題>
  • 伝票の紛失やインプットミスが発生してしまう
  • 伝票入力に時間がかかってしまう
  • FAXやエクセルの注文では業務が煩雑になってしまう
  • 取引先からの問合せに時間がかかってしまう
  • 業務の進捗具合が担当者しかわからない

受発注業務を効率化するには

どんなに高いシステムを導入しても社内の業務ルールがはっきりしていないと受発注業務の効率化は実現できません。業務のプロセスを可視化して、課題を明確にすることから始めることが重要になります。
そして発注業務をEDI化・自動化することで、手作業によるミス防止や煩雑な作業を減らしていくことができます。
WebEDIでは自社の伝票処理の効率化を図るものだけでなく、サプライチェーン全体の合理化にも繋がります。

受発注業務を効率化するには
<メリット>
  • 受発注業務全体の見える化ができる
  • ペーパーレスによる経費削減
  • 受発注業務の標準化と工数削減
  • データ化することで他システムとの連携が可能

ハイテックスではこう解決します

発注をWebEDI化することで、スムーズに

自動車部品業界の業務プロセスをベースに、受発注から入荷・出荷までお客様の業務に合わせつつ、経験と実績から生まれた提案力でお客様の業務改革をお手伝いします。
発注ではWebEDI化することで、スムーズに業務が回りペーパーレス化に。
受発注業務では業務を見直しムダを省きスリム化、そしてシステム化することで工数低減に繋げていきます。

<弊社構築実績>

導入効果

  • 納品書レスによる帳票管理の低減化
  • 納品までのリードタイムの短縮
  • データ化によるバックシステムとの連携が可能になる
  • 発注の進捗がわかる
  • 正確な検収情報をスピーディーに計上できる
  • 計上の精度があがり経営判断がスピードUPする
  • 在庫低減によるキャッシュフローの向上
  • 伝票レスによるインプット工数低減とデータ精度の向上
  • マスター整備による業務の統一化と標準化が実現

お電話・メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

052-203-9777

052-203-9777

受付時間:平日 8:30~17:30

フォームによるお問い合わせ
資料請求のお問い合わせ

ページトップへページトップへ